読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぐりの競馬予想

人気馬、穴馬問わず『走る馬』を推奨します!!

【天皇賞春2016】展開予想!今年も波乱がおきるのか!?

スポンサーリンク

 

さあ明日はいよいよ待ちに待った天皇賞春です!

ものすごい1週間が長く感じましたね。

月曜日から

「枠順まだかなー」「オッズはまだかなー」

とひたすら考えていましたw

これがこの時期ずっと続くんですから

仕事に全く身が入りませんねw

ちゃんと仕事しろよっていう話なんですが

僕にとって競馬の予想も立派な仕事です。

 

無駄話はここらへんにしておいて

本題にはいりたいと思います!

まず天皇賞春は3連単超少点数

狙っていきたいと思います。

週中ではある馬の単勝にぶち込むことも

お伝えしましたが、もちろんその馬の

単勝も買います。

僕はいつも人気薄から狙いに行くんですが

もちろん根拠を持って狙っていますのでご安心を(笑)

根拠は後で書かしていただきますので

まずは印をつけた馬を見ていきましょう!

 

本命馬はこちら!

フェイムゲーム

この馬はもう週初め、むしろダイヤモンドステークス

終わったぐらいで狙おうと思ってました(笑)

それぐらい今の日本の長距離馬の中では

抜群の適正がある馬だと思います。

調教では前走ダイヤモンドステークスとは

比べ物にならないくらい仕上がっているようですし

鞍上はオーストラリアNo.1ジョッキーボウマンを確保。

もう6歳馬ですので勝ち切るにはラストチャンスだと

思いますし、ここを勝っていい種牡馬になってほしいですね。

 

対抗は

〇アルバート

日経賞有馬記念ではゴールドアクター、

サウンズオブアースの2頭に完敗でしたね。

しかしフェイムゲームが勝つ

流れになるなら対抗はやはりこの馬かなと。

ステイヤーズステークスを見てもらえば

わかるように長距離に関してはこの馬も

かなりのものがあると思います。

前走、前々走は中距離馬向けのレースだったと

割り切ってこの馬を狙います。

 

そして単穴に

▲トゥインクル

この馬も先ほどと同様にステイヤー向きの

レースになるなら押さえないといけない馬ですね。

ステイゴールド産駒ですし

ここは適正もあると思います。

前走ダイヤモンドステークスでは早めに

捲っていって後続を引き離し圧勝。

ステイゴールド産駒、捲り競馬で圧勝と

昨年の天皇賞春を制した白い怪物を思い出しますねw

ただこの馬がそれほどの実力馬かと言われると

そうは思わないので▲評価にしておきます。

 

そして後1頭が

△キタサンブラック

週中予想ではこの馬はゴールドアクターと

セットだとお伝えしましたが

あまりにも枠順が離れすぎているため

抑えに加えたいと思います。

もうこの馬がこんな絶好枠ひいてしまうと

どんだけひねくれても消そうとは

思えませんでしたw

血統的には距離不安は残りますが

菊花賞同様にロスなく回ってこれそうなので

馬券圏内にははいるような気はしますね。

今回は逃げないだろうと思いますし後は

春の盾男武豊がうまく乗ってくれるでしょう。

 

ということで印はこの4頭だけでいきます。

今年の出走馬を見てかなり疑問に思った馬が

1頭出走しているのでその馬が出ている理由

を考えるとこういう印のつけかたにたどり着きました。

まあその疑問もかなり妄想が入っているんですがw

そういう考え方はまた後々ブログ記事に

していこうと思います。

 

買い目

単勝 ◎

3連単1頭軸ながし ◎→〇▲△


競馬 ブログランキングへ